教育・キャリアアップ教育・キャリアアップ教育・キャリアアップ 奨学金制度奨学金制度奨学金制度 募集案内募集案内募集案内 採用実績採用実績採用実績 高校生・予備校生の方高校生・予備校生の方高校生・予備校生の方 看護部のご紹介看護部のご紹介看護部のご紹介 資料請求資料請求資料請求 アクセスアクセスアクセス 奨学金制度奨学金制度奨学金制度 奨学金申込み奨学金申込み奨学金申込み ひまわりボランティアひまわりボランティアひまわりボランティア 個人情報保護方針個人情報保護方針個人情報保護方針 お知らせお知らせお知らせ ブログブログブログ

急変時の看護をシミュレーション

  • LINEで送る

夜間看護と急変時の看護

9月16日、夜勤に向けて卒1看護師の技術研修を行いました。

テーマは「夜間看護」と「急変時の看護」。

先輩看護師から講義を受けた後に実践へ!

 

夜間看護と急変時の看護

ベッドとシミュレーターが用意され、準備万端。

まずは、先輩看護師がお手本を見せて、急変患者を発見する看護師と応援に来る看護師を演じます。

「トントン、○○さん、大丈夫ですか?」

ナースコールで応援を呼び、胸骨圧迫を開始します。

 

駆け付けた看護師は、患者の背中側に背板を入れ、心電図モニターを装着し、酸素投与。

医師を呼びます。

医師が到着したら、指示に従いカウンターショックの準備をし、血管確保。

その間も胸骨圧迫を続けます。(ドラえもんの歌に合わせるようなペースで30回圧迫・2回換気)

指示に従い、アドレナリンの静注。

医師がカウンターショック100Jを施行します。

 

アドレナリンを3分後に静注します。

自己心拍が再開したら、血圧を測り、昇圧剤を開始。

挿管準備に移ります。

挿管が出来たら、固定して終了です。

いかがでしたか?

皆さんは無事に救命できましたか?

お問い合せ

看護学生・高校生のお問い合わせ

電話 047-440-6210 

担当:坂本

看護師募集のお問い合わせ

電話 043-272-1102

担当:本田

東京駅から職場まで60分、都心にも近い職場です。 アクセスはこちら

お問い合せ

看護学生・高校生のお問い合わせ

電話 047-440-6210 

担当:坂本

看護師募集のお問い合わせ

電話 043-272-1102

担当:本田

かんたんWEB応募
ナース体験応募

東京駅から職場まで60分、都心にも近い職場です。 アクセスはこちら

PAGETOP

MENU

閉じる